事業内容

浚渫作業

港湾あるいは河川でも長い年月の間には、海底・河床に様々な物質が堆積し、徐々に浅くなっています。そうすると大型の船舶や喫水の深い船舶などは座礁するリスクが出ます。
そのような事態を回避するために土砂を取り除き、一定の水深を確保していく必要があります。この作業を「浚渫」と言います。



リース業

海洋土木施工に必要な機械設備を装備した作業船を必要とする顧客に、施工期間中その作業船あるいは機械設備を貸し出します。



交通船・測量船の運行/曳航業務

交通船・測量船の運行

交通船は、海上の施工現場で監督・作業員が迅速・安全に船着き場から指定海域(現場作業船)まで往来するために送迎するのが主な仕事です。
浚渫作業のあと、海図作成の為、海洋・港湾・河川の水深、海底の地形等の測量を行うのが測量船です。

曳航業務

全国の各港において、浚渫(海底を掘るグラブ浚渫船)埋め立て(ポンプアンローダー船・空気圧送船)などを行う海洋土木作業船は航行のための動力を持たない非自航船であるため、各港間や工事施工現場までそれらの作業船を曳航する業務です。



事業内容

日本港湾リース株式会社

〒455-0021
名古屋市港区木場町1番地の6
TEL:052-698-7335

日本港湾リース株式会社は浚渫作業、海洋土木施工に必要な機械設備や作業船のリース等を行う会社です。
自社船である中工丸や日徳のほか、様々な設備と作業船で皆様の身近な港湾整備、河川整備に貢献しています。

Tel:052-698-7335